楽器PLAZA HOME - リコーダー - 正しい持ち方
正しいリコーダーの構え方

ではでは、姿勢の次は『持ち方』です。
小学校で習った方が多いと思いますが、おさらいということで説明させて頂きます。




■力まずに・・・

まず・・・
手を洗いましょう(^^)v

・・・・・・・・・・

では行きましょう!

【左手親指の位置】

親指の位置
左手親指の位置ですが楽器の後穴に、その指の腹(できるだけ中心にくるように)で穴をふさぎます。




【その他左手】
リコーダーの持ち方
人差し指が楽器の表一番上の穴を、順に中指が二番目、薬指が三番目の穴をふさぎます。




リコーダーの持ち方リコーダーの持ち方
ちなみに穴のふさぎかたは指の先を丸めて立てるのではなく、自然に丸めた指の腹で穴を確実に押さえることが重要です。
※上の写真、左は正しい押さえ方。右は間違った押さえ方になります。



左手は以上となります。

次は右手!!


【指掛けの取り付け】
リコーダー指掛けについて
入門者の方にとって指掛けは楽器を支えるのに非常に大きな助けとなります。上の写真はわかりやすいように白い指掛けを使用しておりますが、基本付属で付いているものに関しては、本体と同系色のものになりますので、そんなに目立ちません。

木製のリコーダーは本体に親指を置きやすいように細工されているものもございます。基本木製リコーダーで指掛けを使用してる方は少ないと思われます。


ちなみに取り付けの位置ですが、右手人差し指で押さえる穴の裏っ側に取り付けてください。


【右手親指の位置】
リコーダー持ち方
右手親指は楽器を支える上で最もポイントとなる指でしょう。
位置としては写真のように人差し指と中指の間に配置するのが最もスタンダードで安定すると思います。



【右手小指について】

リコーダーの持ち方について
小指については、ちょっと左に足部管を動かしてあげ、最もふさぎやすい所に自分で調整して下さい。基本の位置はございません。
小指を使う最低音はとても出すのに難しい部分になりますので、自分に合った位置にきっちり調整して演奏するようにしましょう!


決して、指や肩に力を入れないでくださいね(^^)v(リラックスリラックス!)

力任せはスムーズな動きができず、音色などにも影響が出てきてしまいます・・・

以上が持ち方の基本となります。





<<リコーダーの正しい構え方>>




アウロスまとめ買いのページ

リコーダーを始めるにあたって・・・
  リコーダーの種類
  リコーダー運指表
  用語集(工事中・・・)
リコーダーの吹き方について
  リコーダー各種名称
  用意するもの
  1、正しい姿勢
  2、正しい持ち方
  3、正しい構え方
  リコーダーの奏法
リコーダー取り扱い注意事項
  基本的な取り扱い方
  木製リコーダーのならし(重
    要)
  修理について リコーダーのモデル
  購入にあたって
  材質よる音色の違い
  モデルの紹介

  おすすめ入門セット(ソプラノ)
 おすすめ入門セット(アルト)

  上質プラスチックリコーダー
  ゼンオンリコーダー
  メックリコーダー
  モーレンハウエルリコーダー
  タケヤマリコーダー
  キュングリコーダー
  スズキリコーダー

  音域別
  クライネソプラニーノ
  ソプラニーノ
  ソプラノリコーダー
  アルトリコーダー
  テナーリコーダー
  バスリコーダー
  大バスリコーダー

 リコーダー付属品
  アクセサリー
  ケース
  スタンド
  ギフトグッズ
リコーダーのその他
  リコーダー楽譜(一般)
  リコーダー楽譜(トヤマ出版)
  リコーダーCD
  アンサンブルについて
  録音したい!
  あったら便利 !!
  チューナー
  メトロノーム



楽器PLAZA 営業日
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

※10月は18日がお休みです(^^

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             

※11月は15日がお休みです(^^

 



リコーダーSHOP 楽器PLAZA