テレマン楽器 WEB SHOP HOME - リコーダー - (アウロス)アルトリコーダー509B入門セット

リコーダーを上杉紅童、花岡和生の両氏に師事。また、古楽の公開講座に於いて、K.オッテン、W.フォン・ハウヴェ、H.M.クナイスの各氏にレッスンを受ける。
1982年、83年、全日本リコーダーコンクール・アンサンブル部門に於いて最優秀賞受賞。“東京リコーダーコンソート”等のメンバーとしてNHK教育テレビ「ふえはうたう」「ゆかいなコンサート」等に出演。また、全国各地のコンサート、レコーディング、国際音楽祭等に参加する。
1985年、“東京リコーダーオーケストラ”を結成、指揮者となり、LP『リコーダー合奏の魅力』やCD『セビーリャ』『トッカータとフーガ ニ短調』(アントレ古楽シリーズ)をリリース。台湾台北「国家音楽庁」、韓国ソウル「芸術の殿堂ホール」の海外公演、日本全国でのコンサート活動を展開する。
1986年、若手ミュージシャンを集め、竹の素材を生かした手作り楽器の合奏団“竹鼓舌(ちこたん)”を結成。伝統楽器にとらわれない自作の竹楽器により、コンサート、イベントに参加する。88年より、竹楽器のためのオリジナル作品の作曲を始め、以来毎年新作を発表している。
1999年4月よりNHK教育テレビ「トゥトゥ・アンサンブル」に、また2000年4月より2003年3月までNHK教育テレビ「歌えリコーダー」にレギュラー出演する。

多くの教材を執筆、全音楽譜出版社より“リコーダー四重奏で楽しむ”シリーズ12タイトル、アンサンブル・ピース19タイトル、リコーダー・ピース3タイトルが出版されている。
主なリコーダー作品には、オリジナルでは「飛鳥の里へ」「ノスタルジック・エア&ジーグ」「フィエスタ」、アレンジでは「アイリッシュ・エア&ダンス」「英國戀物語エマ」「セビーリャ」等がある。
現在、“東京リコーダーオーケストラ”指揮者、“東京ブロックフレーテ・アンサンブル”、手作り竹楽器の音楽隊“竹鼓舌”を主宰。“東京リコーダーアンサンブル”メンバー。教科書、教材の執筆、教材ビデオ、CDの制作や梁邦彦、福山雅治等多くのミュージシャンのCDやアニメ・ドラマの音楽に参加。ギターの荘村清志、民謡の大場いたるとの共演もある。現在、NHK総合、BSプレミアムにて放映中の「ニッポンの里山」の音楽にも参加している。




東京リコーダーオーケストラ(指揮をされているのが金子先生)







他にも多く楽譜の出版をされております。当サイトでもご購入できます。
【リコーダー楽譜コーナー】





(※写真はイメージでテナーリコーダーの写真と選定書です。)

今回数量限定で選定品をご用意させていただきました。
この上ない一本をお届けさせていただきます。





アルトリコーダー特集


リコーダーを始めるにあたって・・・
  リコーダーの種類
  リコーダー運指表
  リコーダー各種名称
  用意するもの
  正しい姿勢
  正しい持ち方
  リコーダーの奏法
  アンサンブルについて
リコーダー取り扱い注意事項
  基本的な取り扱い方
  木製リコーダーのならし
   (重要)
  修理について リコーダーのモデル
  購入にあたって
  材質よる音色の違い
  モデルの紹介


アウロスまとめ買いのページ