ここでは、木製リコーダーの材質について解説いたします。
材質によって【音色】、そして【吹奏感】が異なります。

『値段が高いほど良い楽器』というより『自分の求めている音色と用途』
材質の選択をしていただくことをお勧めいたします。



※一般的な指標ですが、よければ参考にしてみてください。

■メイプル(合奏向き)■

  

メイプル

吹いた瞬間 『ポッ』 っと、少ない息で発音します。
音色もクセがなくとても暖かいです。他の楽器とまじりやすいので、合奏にも向いてます。
音色は全体的に少しハスキーです。

■ペアウッド(合奏向き)■

  

ペアウッド
梨の木です。
音の粒のバランスが良く、暖かい音が出ます。


■ボックスウッド■

  

ボックスウッド
“西洋ツゲ”とも言われるツゲの仲間。
丸みのあるクリアーな音色。使用していると音色にツヤと輪郭が出てきます。
最も無難(バランスのとれた)でポピュラーな材質です。

■オリーブ(やや独奏向き)■

  

オリーブ
とっても木目がキレイです。
豊かな音量と、軽やかではっきりした系統の音色。
重量もとても軽いのが特徴です。

■ローズウッド(独奏向き)■

ローズウッド
楽器業界にとっては、とても有名な木材です。
とても音量が豊かではっきりした音色ですが、柔らかさがあり、全体的に音が重厚感のある響きです。

■パリサンダー(独奏向き)■

 

パリサンダー
パリサンダー(インディアンローズウッド)は高級木材です。
とても音量が豊かではっきりした音色ですが、柔らかさがあり、全体的に音が重厚感のある響きです。(ローズウッドととても似た特徴です。)

■グラナディラ(独奏向き)■

 

グラナディラ
クラリネットの材料として有名な木材。
重量もありますが、しっかりとした音量を奏でることができます。とてもまろやかな音色です。
音に芯もあり存在感のあるのが特徴です。

■エボニー(独奏向き)■


エボニー

非常に硬い木材。
重量もありますが、しっかりとした音量を奏でることができます。とてもまろやかな音色です。
音に芯もあり存在感のあるのが特徴です。(グラナディラと良く似た材質です。)


<<モデルについて>>



アルトリコーダー特集


リコーダーを始めるにあたって・・・
  リコーダーの種類
  リコーダー運指表
  リコーダー各種名称
  用意するもの
  正しい姿勢
  正しい持ち方
  リコーダーの奏法
  アンサンブルについて
リコーダー取り扱い注意事項
  基本的な取り扱い方
  木製リコーダーのならし
   (重要)
  修理について リコーダーのモデル
  購入にあたって
  材質よる音色の違い
  モデルの紹介


アウロスまとめ買いのページ