テレマン楽器 WEB SHOP HOME - リコーダー - (Mollenhauer)モーレンハウエルリコーダー - グレートバス
Mollenhauerリコーダーのページです。

<<木製モーレンハウエルリコーダー>>
モーレンハウエル社はメック社より歴史が古く、伝統のあるドイツのリコーダー専門メーカーです。
バラエティーにとんだリコーダーの種類と、非常に繊細で風合いのあるリコーダーで多くの愛好者を魅了します。

ガークライン・ソプラニーノのページソプラノのページアルトのページ
テナーのページバスのページ 大バスのページ

※写真はあくまでもイメージです。多少の色と形の違いはご了承下さい!

 (CANTA)カンタ合奏用

カンタ合奏用は明るくて清澄な音質、均質な響でアンサンブルに適したシリーズです。持ちやすく、吹きやすい設計はリコーダー入門者の方にもおすすめできる内容。音の反応が非常に良いのでミストーンも極力防いでくれます。ソプラノからグレイトバスまでの豊富なラインナップも非常に魅力的です。 
 【カンタ合奏用】グレートバスリコーダー2646K<<検品発送>>

Mollenhauer モーレンハウエル・リコーダー定番機種【CANTA】 
 【カンタ合奏用】グレートバスリコーダー2646K<<検品発送>>  上の画像をご覧下さい
【材質】ペアーウッド(材質の特徴について)  【ピッチ】A442  【音域】 c1〜e♭3以上 【付属品】ハードケース付 【仕様】3本継ぎ・アーチ型ウィンドウェイ・ベントネック(ニック)式・可変サポートスパイク付・ステイン仕上げ
【コメント】 合奏用に適したモデル『カンタ』です。柔らかく明るい音色で、発音しやすく初心者の方にもおすすめ。
デンナーに比べると低音から高音まで楽に発音できるので息の入れ方が習得できていない方でも使用しやすい機種です。

【2546K】 定価418,000円 →→→ 販売価格376,000円  

(DENNER)デンナーモデル

デンナーモデルは18世紀ドイツの製作家J・デンナーのニュルンベルクとコペンハーゲンにあるオリジナル楽器を元に製作されたもっともポピュラーなモデル。輝かしく表現豊かな音色を持ち、音孔にはアンダーカットが施され非常に安定した響が得られます。全音域に渡って柔軟で迅速な音の反応を得ることができるためソロ用楽器としても合奏用楽器としても使える素晴らしいリコーダーです。

【デンナー】グレートバスリコーダー 5606<<検品発送>>

Mollenhauer モーレンハウエル・リコーダー 人気機種【DENNER】 
 【デンナー】グレートバスリコーダー 5606<<検品発送>>  上の画像をご覧下さい
【材質】ペアーウッド(材質の特徴について)  【ピッチ】A442  【音域】 c1〜e♭3以上 【付属品】ハードケース付 【仕様】アーチ型ウィンドウェイ・可変サポートスパイク付・G#E♭キー付き・ステイン仕上げ
【コメント】 モーレンハウエルリコーダーの人気機種“デンナー”のバスリコーダーです。全音域で非常に柔軟ですばやいレスポンスが得られ、ソロにもアンサンブルにも適しています。ゼンオン、メック、ヤマハなど数あるバスリコーダーの中でももっともおすすめのバスリコーダーです。同じメーカー“モーレンハウエルのカンタ”より太い上質な音色が魅力的です。

定価528000円 →→→ 販売価格475,000 円  



■偉大なリコーダー製作家を再現した高級モデル■

 

 (KYNSEKER)キンセカーモデル

ドイツの製作家H.F.キンゼカー作のオリジナル楽器に基づき製作されたモデルで、外径、力強い音色などオリジナル楽器が持つもっとも重要な特製が忠実に再現されています。がークラインからグレイトバスまでのラインナップがありますのでアンサンブルに適しています。

【キンゼカー】グレートバスリコーダー4607<<検品発送>>

Mollenhauer バロック時代の名器【KYNSEKER】
 【キンゼカー】グレートバスリコーダー4607<<検品発送>>  上の画像をご覧下さい
【材質】メイプル(材質の特徴について)  【ピッチ】A442  【音域】 c1 【付属品】ハードケース付 【仕様】バロック式・アーチ型ウィンドウェイ
【コメント】 モーレンハウエルリコーダーの“KYNSEKER”です。バロック時代初期の作品で、ドイツ国立博物館が所蔵するオリジナル楽器を元にモダンピッチに調律したリコーダーです。丸みがあり柔らかい音色が特徴です。

 

定価594,000 円 →→→ 販売価格534,000 円  



ガークライン・ソプラニーノのページソプラノのページアルトのページ
テナーのページバスのページ 大バスのページ




アルトリコーダー特集


リコーダーを始めるにあたって・・・
  リコーダーの種類
  リコーダー運指表
  リコーダー各種名称
  用意するもの
  正しい姿勢
  正しい持ち方
  リコーダーの奏法
  アンサンブルについて
リコーダー取り扱い注意事項
  基本的な取り扱い方
  木製リコーダーのならし
   (重要)
  修理について リコーダーのモデル
  購入にあたって
  材質よる音色の違い
  モデルの紹介


アウロスまとめ買いのページ